FC2ブログ

ちんあなご風、糸魚川翡翠。 

ちんあなご糸魚川翡翠5

月曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

足金は夜がすっかり秋ですねぇ・・・。

足金ってなんでしょうね。

最近はって書いたはずなのに・・・。

びっくりです。



Aretha Franklin - Chain of Fools




はい、本日の石ころはちんあなごな糸魚川翡翠です。
ちんあなご糸魚川翡翠5
ちんあなごにしか見えないですよね・・・。



でもこれ、実はとっても透過性の高い糸魚川翡翠の勾玉なんです。
ちんあなご糸魚川翡翠
初期の出雲型勾玉っぽいです。



頭にぽちっと蛍光緑色があります。
ちんあなご糸魚川翡翠1
分かりにくいですけど、ライトの光の左側です。



キュートな顔です。
ちんあなご糸魚川翡翠2



デスクライトを点けるとこんな感じでほのかに透けます。
ちんあなご糸魚川翡翠3
光に透かした訳ではなくてライトを点けただけで、これだけ透けるってすごいですよね。



しっぽ側。
ちんあなご糸魚川翡翠4
こちらは白っぽく透けます。

パッと見は灰色っぽいですけど。



ミャンマー産の翡翠と比べてみましょう。
ちんあなご糸魚川翡翠6
うーん、やっぱりミャンマー産の方が翡翠としてはきれいです・・・。

ですが糸魚川の方がきめが細かい感じがしますね。

もっと磨いたらいい感じになると思います。

と思って、色鉛筆画そっちのけで磨いている訳です。



背中比べ。
ちんあなご糸魚川翡翠7
あーーー、ミャンマーの翡翠を見ていると、昔の人が翡翠で白菜彫っちゃう訳だ、と納得してしまいました。



今週はこんな感じです。

それではよい一週間を~。






スポンサーサイト

Posted on 2018/08/20 Mon. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

巨匠のカメオ? 

巨匠のカメオ?6

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

昨晩はとっても涼しくて幸せでした・・・。

て言うか、今も幸せです。

はー、涼しい・・・。



まだ秋じゃないですけど、この曲が聴きたくなりました。

『リオの秋』というタイトルのこの曲!

Ed Motta - Outono no Rio




本日のブログのタイトル「巨匠のカメオ?」の通り、本日はカメオの特集です。

では何故疑問符が付くのか?

それは、ヤフオクでなんとなく惹かれて格安で購入したカメオが、実は巨匠の作だった!

・・・かもしれないからです。



先日、某フリマアプリでカメオをなんとなく見ていたところ、中古品でしかもルースだけなのに¥75.000もするカメオが売ってありまして。

えー、なにコレ!?と思い、商品ページを見てみたのです。

すると作者が世界に名高い超一流のカメオ職人、ジェンナーロ・ガロファロという方の作品なのだとか。

で、その方の初期の作品が販売されているカメオという事で、初期の作品の特徴が書かれていたのです。

カメオの縁取りに布のような枠取りをしている事。

・・・ん?

そしてサインが「G.G.」である事・・・。

・・・んん???

なんだかその特徴に覚えがあります・・・。

なので、その記憶を頼りに収納してあったカメオを取り出してみたところ・・・、

ハッ!!!
巨匠のカメオ?
このサインは・・・。



そして、布のような縁取り・・・。
巨匠のカメオ?1
まさか!!!

ヤフオクで¥2.000以下で落札したこの格安カメオは、まさかの世界に名高いという超一流のカメオ職人、ジェンナーロ・ガロファロさん!?



ぶっちゃけ、まぶたが腫れぼったい感じなので、あんまり好きな顔じゃなかったんです。
巨匠のカメオ?3
でも、口の端の凹みの表現がとても上手い。

私が人物画を描く時に非常にこだわる部分です。



手の表現が美しい。
巨匠のカメオ?4



そして最も惹かれたのは、風を感じさせる髪の流れ。
巨匠のカメオ?2



そして素晴らしい構図。
巨匠のカメオ?1
左側の空間が気持ちいいですよね。

本当に見ていて気持ちが良かったんです、このカメオ。

ですがまぶたがアレなせいか、入札が1件あったか無かったかくらいの人気の無さで・・・。

お陰さまで格安で購入できました。



光に透かすと尚美しい。
巨匠のカメオ?5
よく見たら空間部分の貝を彫った跡がすごく美しいんです。



そして裏から見ても・・・、
巨匠のカメオ?6
超美しい!

このカメオが本当に巨匠のカメオかどうかは分かりませんが、巨匠云々置いておいても私の心を惹きつけた逸品である事には変わりありません。



今週はこんな感じです。

それではよい週末を~。





Posted on 2018/08/18 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

地球色ラブラドライト。 

地球色ラブラドライト6

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

本日はそのうちネックレスにしようと目論んでいるラブラドライトの画像特集です。

今の状態は、とりあえずギャラリーワイヤーを使ってペンダントトップにしてみた、という感じであります。



Toto - Africa
https://youtu.be/FTQbiNvZqaY



雫型のラブラドライトで、正しい雫の向きで石を見るとこんな感じです。
地球色ラブラドライト
茶色っぽいベースで全面にキラキラと輝くシルバーのラメが確認出来ます。



下側にはレインボーカラーに輝く内包も。
地球色ラブラドライト1
彩雲のようですね。



所々ほんのりと青い輝きも確認出来ます。
地球色ラブラドライト2




が、何と言っても地味!
地球色ラブラドライト



そんなラブラドライトですが、斜めから見ると…、
地球色ラブラドライト6
夜空を流れる流星群の様な模様が!



そして…、
地球色ラブラドライト5
全面に現れたのは地球色の美しいシラー!

本当はもっと明るく、そして美しく輝くのですが、デジカメではうまく収められませんでした…。

明るく輝きすぎる様で妙に暗く写るんです。

本来は水彩画の様な繊細な色合いです。



で、この美しい地球色のシラーは通常の雫型の向きでは、かなり寝かさなければこのシラーは現れません。

実はこの石の正しい向きはこっちなんです。

じゃん!
地球色ラブラドライト3
逆雫型!

こちらだと立てた状態でシラーが現れるので、ネックレスとして胸に飾っている間中この美しい色が現れるのです。

が、通常の雫の向きでも十分美しい。

しかも胸に飾った時に手で石を持ち上げて逆雫の向きで見ると、自分にだけ楽しめる美しい地球色が現れるので、そういう密やかな楽しみのあるネックレスもいいんじゃないかと思い、この向きのペンダントトップに仕立てました。

あ、 ネックレスが出来上がったらタイトルを「手の中の地球」にしようかな。



もちろんシラーの現れていない状態でも美しい。
地球色ラブラドライト4
そんな地球色のラブラドライトです。



本日はこんな感じです。

それでは良いお盆休みを〜。





Posted on 2018/08/11 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

Beautiful Dreamer no.2 

beautiful dreamer no.25

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

日々暑いですねぇ・・・。

と言うよりも熱いですね!

熱い!痛い!ヤバイ!

こんな感じです。



The Beatles - Help!




はい、本日の石ころはオーシャンジャスパー。

全体像はこちら!
beautiful dreamer no.26
実はこの見た目のオーシャンジャスパーを載せるのは2回目です。



1回目はこちらでした。
Beautiful Dreamer
タイトルの「Beautiful Dreamer」というのは、丸い模様が夢を見ている時の表現を彷彿とさせる為に付けたものです。



今回の石の模様は同じ「Beautiful Dreamer」ですが、なんとなく「眠れる森」といったイメージ。

もう一度。
beautiful dreamer no.26
深り深い森が寝静まった頃、密やかに活動を始める森の精霊たち。

そんな感じです。



精霊アップ!
beautiful dreamer no.25
かわいい・・・。



輪っかもアップ!
beautiful dreamer no.24
はー・・・、かわいい・・・。



端っこにも!
beautiful dreamer no.23



反対側の端っこにも!
beautiful dreamer no.22
左端のポチッがそうです。



よく見ると赤い模様が見られます。
beautiful dreamer no.21
この部分だけ見るとドラゴンブラッドジャスパーのようです。

まぁ同じジャスパーですから似ていて当然なのかもですね。



そういえば以前特集をした出雲石もジャスパーでした。
出雲石・碧玉1
うん、似ていますね。



裏面はマットな仕上げですが、端から続く丸い模様が印象的です。
beautiful dreamer no.2
不思議な石ですねぇ・・・。



今週はこんな感じです。

それでは身の安全を第一として、良い週末を~。





Posted on 2018/07/21 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

出雲石。 

出雲石・碧玉

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

雨が、よく降りますねぇ・・・。

うちの方では今は止んでいますが、また昼頃から降り出すようです。

雨が多く降った地域の皆様はお気をつけてお過ごしください。



本日の一曲ですが、先日載せたビートルズの『If I Fell』の素敵なカバーを見つけました!

まず大元をもう一度。

The Beatles - If I fell

名曲ですねぇ・・・。



こちらをマルーン5のアダムさんがめちゃくちゃオシャレに歌っていらっしゃいました!

Maroon 5 - If I Fell

はー・・・、ス・テ・キ♡

オリジナルを汚す事無く現代的に、且つオシャレに歌っていらっしゃいます。

さすがだわ・・・。



で、本日の石ころは出雲石。

青めのう、青石とも呼ばれるこの石は、島根県は花仙(かせん)山で採れる碧玉です。

めのうと呼ばれているけど碧玉。

こちらの画像に写っているのが出雲石です。
出雲石・碧玉
色がいろいろですね。



手前からアップです。
出雲石・碧玉1
色が濃く、様々な色が混じり合っています。

ドラゴンブラッドジャスパーに近いですね。



お次。
出雲石・碧玉2
こちらはちょっと色が薄めです。

色が薄い出雲石は安いようです。



よく見ると縞模様が。
出雲石・碧玉3
面白いですね。



こちらは大きな原石から剥がれ落ちたものです。
出雲石・碧玉4
このような濃い青緑色が上質とされているようです。

私も緑色はあまり好きではないですが青緑色は好きなので、ちょっと納得です。



こちらは表面を軽く磨いてみました。
出雲石・碧玉5
色の濃淡が美しい石ですが、色が薄い部分は硬度が低い気がするので、色の薄い部分は避けて加工するのが良さそう・・・。



裏面。
出雲石・碧玉6
中央上の部分の一部が茶色です。

面白いですねぇ・・・。



こちらの原石は色が濃く、触った質感も良いのですが色むらがあるので、こちらも品質的にはあまりよろしくありません。
出雲石・碧玉8



ではどのような石が品質が良いとされるのかと言うと、こんな感じです。
出雲石・碧玉9
ブレスレットの大きな丸玉、これが品質の良い出雲石です。

老舗のめのう屋さんが作られたビーズですが、色むらが無く艶やかに仕上がっています。

さすがですねぇ・・・。

画像ではいまいち再現出来ませんでしたが、美しい青緑色。

古代の人々を魅了した、出雲石の色です。



今週はこんな感じです。

雨の多い地域の皆さま、安心安全が第一です!









Posted on 2018/07/07 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2018-08