竪琴を弾く女性のカメオ。 

盾琴を弾く女性のカメオ3

月曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

カメオにはまったんじゃない、シュミットさんのカメオにはまったのだ。

そう以前書いた記憶がございますが、このカメオはシュミットさん作ではありません。

うーん、もしかして私、カメオにはまったんですかね・・・?



globe / Perfume of love




全体像はこちら。
盾琴を弾く女性のカメオ
背景の感じがカメオに興味を持つきっかけとなったものに似ています。



これ↓。
カメオのひと。
どちらも美しいですね。



木の実の感じがいいです。
盾琴を弾く女性のカメオ1



ちょっと外反母趾な足。
盾琴を弾く女性のカメオ2



この色気のある身体の曲線を見よ。
盾琴を弾く女性のカメオ3
色の濃い部分は石が厚いのですが、濃淡で身体の動きが表現されていて素晴らしいですね!



髪の毛の広がりがヴィーナスの誕生を思い出させます。
盾琴を弾く女性のカメオ4



竪琴を爪弾く指先も美しい。
盾琴を弾く女性のカメオ6
支える指先の力強さも魅力的ですねぇ。



最後にもう一度全体像。
盾琴を弾く女性のカメオ
赤い瑪瑙のカメオも魅力的です。



今週はこんな感じです。

それでは良い一週間を~。






スポンサーサイト

Posted on 2018/01/22 Mon. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

ノイシュバンシュタイン城のカメオ。 

ノイシュバンシュタイン城1

月曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

ようやく寒さが和らぐようですねぇ・・・。

寒かった・・・、本当に寒かった・・・。



WALKING IN THE AIR (THE SNOWMAN 1982)




本日の石ころは、またカメオです。

別にカメオにはまった訳ではなくて、シュミットさんが作られる作品にはまったのです。

という訳で、今回のカメオもシュミットさんの作です。



全体像はこちら。
ノイシュバンシュタイン城
ドイツのノイシュバンシュタイン城が彫刻されています。

シュミットさんもドイツ人ですから腕が鳴ったでしょうねぇ・・・。

ノイシュバンシュタイン城は、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなったお城と言われています。



上部左側のアップ。
ノイシュバンシュタイン城5
旗まで彫ってある・・・。


上部右側のアップ。
ノイシュバンシュタイン城3
窓までキッチリ彫ってあります。

ちなみにこのカメオのサイズは4×3㎝です。

なのでちょっとピンぼけなのは仕方ないです。



前側のアップ。
ノイシュバンシュタイン城4
お城へと続く道の表現が素晴らしいです。



左側の森のアップ。
ノイシュバンシュタイン城2
木ですねぇ・・・。



背後の山並も素晴らしい。
ノイシュバンシュタイン城1



最後にもう一度全体像を。
ノイシュバンシュタイン城
カメオって身に着けるのはちょっと抵抗があるのですが、このカメオだけはアクセサリーに仕立てたいです。

それとも額縁に入れて飾るか・・・。

このカメオは本当に素晴らしいです。



今週はこんな感じです。

それでは良い一週間を~。








Posted on 2018/01/15 Mon. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

千手観音のカメオ。 

千手観音1

新年あけましておめでとうございます、画廊musicaです。

本年もよろしくお願いいたします。

という事で、画廊musicaの新年はこの曲を聴かないと始まりません。



宮城道雄 「春の海」




本日の石ころはカメオ。

以前載せたカメオと同じ作者、シュミットさんの作品です。

題材は何と、千手観音。

シュミットさんはドイツ人なのですが、一時期日本に住んでいらっしゃったそうで、数々の仏像をカメオの題材にされています。

全体像はこちら。
千手観音
小さいカメオなのでピントがいまいちですが、まぁどんまい。



真ん中のアップ。
千手観音1
衣のひだが美しい。



右側のアップ。
千手観音12
後光の様な物まできちんと彫ってありますねぇ・・・。

流石ドイツ州政府に認められた天才彫刻家、素晴らしいです。



左側のアップ。
千手観音3
手の上に乗せられた仏宝?が素晴らしいですね。



そしてもう一度全体像。
千手観音
あー、なんだかシュミットさんって癖になるかも・・・。



新年1回目はこんな感じです。

それでは良い一年を~。




Posted on 2018/01/06 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

滝模様のピーターサイト。 

スーさんピーターサイト

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

早いもので本日のブログが本年最後の更新となります。

はっや!

ほんと早いわ。

皆さまは今年1年良く生きられましたか?

私はぼちぼちです。



Christina Perri - A Thousand Years




本日の石ころはピーターサイト。

普通にしている時の全体像はこんな感じ。
スーさんピーターサイト7



ですが、ちょっとだけ斜めに見るとこんな感じ。
スーさんピーターサイト8
模様がワイルドに動きます。



比較。
スーさんピーターサイト9
カッコいい・・・(ノ)’∀`(ヾ)



右側の滝の様な部分のアップ。
スーさんピーターサイト6
実際に手にして動かしていると、滝を見ているような錯覚を覚えます。


左側。
スーさんピーターサイト5
白っぽい色の部分が完全に移動しています。

カッコいい石ですねぇ・・・。



裏面もいい感じです。
スーさんピーターサイト4
磨きが表と比べると非常に雑ですが、その雑さも模様に合っている気がします。



特に下側が素敵。
スーさんピーターサイト3



何か小さなドラゴンのような生き物が生まれそうな予感。
スーさんピーターサイト1



こちらはよく分からないけどスピード感が合っていい。
スーさんピーターサイト2



これは表側の同じ位置。
スーさんピーターサイト
こちらは洗練された美しさを感じます。



今年最後のブログはこんな感じです。

今年1年ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします。

それでは良いお年を~。

あ!

お正月は更新をお休みをしまして、次回は1月6日土曜日です!








Posted on 2017/12/30 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

カメオのひと。 

カメオのひと。6

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

本日の石ころはカメオ。

ついにカメオにまで手を出してしまいました・・・。

やっちまったよ・・・。

今まではカメオってちょっとダサいイメージがあって好きではなかったのですが、このカメオはひと目ぼれ。

ダサいと見向きもしなかった人間をも引き寄せたその魅力を、たっぷりとご紹介します。



Simon & Garfunkel - Silent Night/7 O' Clock News




全体像はこちら。
カメオのひと。
イーダー=オーバーシュタイン産のメノウに彫刻してあります。

こちらは機械で彫ってあるので非常に安価です。

多分デザインはシュミットさんという方のものです。



ちなみにメノウはこんな感じのものです。
カメオのひと。3



白い部分を表面に、黒い部分を裏面にして彫ってあります。
カメオのひと。2
彫りが深くなるほど黒い色が混ざり、その色の違いで遠近を出しています。



鉛筆画とどこか通じるものがあります。
Olga Kurylenko 00



で、このカメオのどこに惹かれたのかというと、背景。
カメオのひと。1
背景にある植物の繊細な美しさに一目惚れです。


森ですかね?
カメオのひと。5



膝の上に置かれた植物も魅力的。
カメオのひと。4
キク科の葉っぱに見えます。



花束を持つ、ブラウスの透け感。
カメオのひと。6
カメオは小さな絵画でした。



今週はこんな感じです。

それでは良い週末を~。

て言うか、良いクリスマスを~~~(ノ)’∀`(ヾ)







Posted on 2017/12/23 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2018-02