大天使ミカエル 2 つづき 

大天使ミカエル 2


皆さんこんにちは、画廊musicaです。月曜の午後いかがお過ごしでしょうか?
今日も雨です。しかも霧雨です。
そして、霧の中で聴こえてくるのは、「MISTY」 サラ・ヴォーン



あなたに夢中で、まるで霧の中にいるみたい・・・!という内容です。
のんびりまたーり、聴きたいですね。

さて今日は、大天使ミカエル 2 の続きです。
先週はイベント発生の為、一週跨いでしまいましたが、先週ちょっとBBケント紙について触れたので、色鉛筆画におけるコミックケント紙とBBケント紙の比較をしてみたいと思います。

下記の画像は左がコミックケント紙、右がBBケント紙(細目)です。
ケント紙7ケント紙2

ちょっと明るさに差がありますが、どんまいという事で。。。
右のBBケント紙の方が、色の粒が目立つように感じますね。

下記も同じ順番です。
ケント紙5ケント紙3

これはパウダリングという手法で同じように描いたものですが、BBケント紙の方に色むらが多く見られます。
紙の表面の凹凸の凹の部分に顔料が入らずに、元の紙の色が残っている為です。
この色むらを味ととらえ、BBケント紙を好んで使われる方も多くいらっしゃいます。
でも私は、色を塗り残すなら塗り残すで自分でコントロールしたい派なので、より表面がなめらかなコミックケント紙を好んで使用しています。

どの紙を選んで描くかは、自分の描く絵の雰囲気と手法、時間をかけて描く派かゆっくり派なのかと、あとは自分の性格で判断というとこですかね~。

話が変わりますが、最近うちの玄関のデッキの下に発情期の猫(以下ぬこ様)が住みつきまして、よく鳴いておられます。昼間は庭の前のデッキでおくつろぎになられています。
私は猫好きですが猫アレルギーを持っているので、ぬこ様にあまり家の周りをうろついて欲しくないのです。。。
アナフィラキシー対応の注射を所持してますができれば使いたくないですし。。。
しかしこのぬこ様、黒の長い毛でお口周りと足先が白という、私のストライクゾーンを見事についていらっしゃって。。。ふ~。。。早くご自分で移動なさって欲しいものです。

という訳で、ケント紙とぬこ様の話でした。




スポンサーサイト

Posted on 2013/02/18 Mon. 17:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ted 先輩  |  もうすぐバレンタインだから »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://garoumusica.blog.fc2.com/tb.php/12-b82d34bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11