かの地に立つ神々 つづき 

雨上がりの月曜の午後、いかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

こちらでは春の嵐が止み、空が明るくなってきました。
でもこの明るさは冬の日差しの色でではなく、すっかり春の日差しの色ですね。。。
寂しいですね。。。冬が終わってしまった。。。

画家の人たちって、四季を擬人化した絵を描かれるのですが、よく見るパターンでは

・春~初々しい乙女
・夏~露出の高い奔放なおねいさん
・秋~巨乳熟女
・冬~ハリセンボンの痩せている方がマントを被ってる感じ

が多い気がします。

春夏秋は、それぞれ華やかな色合いで、冬は白灰こげ茶なカラーで暗めな感じの絵なのですが、でもその陰鬱さが捨て難いというか。。。

とにかく、冬が終わって寂しいです。

という事で今日の選曲は、
あの冬をもう一度、ビング・クロスビー&デビッド・ボウイ「 The Little Drummer Boy / Peace On Earth」


歌が始まるのは、1:47頃からです。
聴けない方はこちらのリンクからどうぞ http://youtu.be/DiXjbI3kRus

はい、では本題です。
今日は日本の神様です。

先週に引き続き、脳裏に浮かんだ映像を紙に描いたものです。
宗教な話題ではありませんので、そこのところをご理解いただけるとありがたいです。


こちら、国政担当です。
神様メモ1

渋めですね。50前後でしょうか?もうちょっと上かな?
この人はスーツにノーネクタイです。クールビズでしょうか。
政治家の言動を観察している感じです。ちょっと怖いですね。
ちなみにこの頃は民主党政権でした。

2人目はこちら、前回のあの人です。
日本の神々

この人は、フットワークが軽いイメージです。事件は現場で起きているんだー!なタイプですね。
こっちの人の方が新しいイメージです。

浮かんだイメージはとりあえずメモに残しておくようにしていますが、溜まってくると描く気が失せるというかなんというか。。。

カッコいい人は描いてて楽しいんだけれど、好みでない人を描くのは飽きちゃうんだーーー!

心の叫びでした。

スポンサーサイト

Posted on 2013/03/18 Mon. 16:56 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« いつもとは異なる空間の中で  |  教養ブログ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://garoumusica.blog.fc2.com/tb.php/18-ebd42de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11