FC2ブログ

巨匠のカメオ? 

巨匠のカメオ?6

土曜日の朝、皆さまいかがお過ごしでしょうか?画廊musicaです。

昨晩はとっても涼しくて幸せでした・・・。

て言うか、今も幸せです。

はー、涼しい・・・。



まだ秋じゃないですけど、この曲が聴きたくなりました。

『リオの秋』というタイトルのこの曲!

Ed Motta - Outono no Rio




本日のブログのタイトル「巨匠のカメオ?」の通り、本日はカメオの特集です。

では何故疑問符が付くのか?

それは、ヤフオクでなんとなく惹かれて格安で購入したカメオが、実は巨匠の作だった!

・・・かもしれないからです。



先日、某フリマアプリでカメオをなんとなく見ていたところ、中古品でしかもルースだけなのに¥75.000もするカメオが売ってありまして。

えー、なにコレ!?と思い、商品ページを見てみたのです。

すると作者が世界に名高い超一流のカメオ職人、ジェンナーロ・ガロファロという方の作品なのだとか。

で、その方の初期の作品が販売されているカメオという事で、初期の作品の特徴が書かれていたのです。

カメオの縁取りに布のような枠取りをしている事。

・・・ん?

そしてサインが「G.G.」である事・・・。

・・・んん???

なんだかその特徴に覚えがあります・・・。

なので、その記憶を頼りに収納してあったカメオを取り出してみたところ・・・、

ハッ!!!
巨匠のカメオ?
このサインは・・・。



そして、布のような縁取り・・・。
巨匠のカメオ?1
まさか!!!

ヤフオクで¥2.000以下で落札したこの格安カメオは、まさかの世界に名高いという超一流のカメオ職人、ジェンナーロ・ガロファロさん!?



ぶっちゃけ、まぶたが腫れぼったい感じなので、あんまり好きな顔じゃなかったんです。
巨匠のカメオ?3
でも、口の端の凹みの表現がとても上手い。

私が人物画を描く時に非常にこだわる部分です。



手の表現が美しい。
巨匠のカメオ?4



そして最も惹かれたのは、風を感じさせる髪の流れ。
巨匠のカメオ?2



そして素晴らしい構図。
巨匠のカメオ?1
左側の空間が気持ちいいですよね。

本当に見ていて気持ちが良かったんです、このカメオ。

ですがまぶたがアレなせいか、入札が1件あったか無かったかくらいの人気の無さで・・・。

お陰さまで格安で購入できました。



光に透かすと尚美しい。
巨匠のカメオ?5
よく見たら空間部分の貝を彫った跡がすごく美しいんです。



そして裏から見ても・・・、
巨匠のカメオ?6
超美しい!

このカメオが本当に巨匠のカメオかどうかは分かりませんが、巨匠云々置いておいても私の心を惹きつけた逸品である事には変わりありません。



今週はこんな感じです。

それではよい週末を~。





スポンサーサイト



Posted on 2018/08/18 Sat. 05:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ちんあなご風、糸魚川翡翠。  |  牛頭天王 その18。 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://garoumusica.blog.fc2.com/tb.php/637-99695322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2019-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31